仕出し弁当☆お役立ちガイド

HOME > 仕出し弁当の豆知識 > 配達時間と容器回収のメリットがある仕出し弁当

配達時間と容器回収のメリットがある仕出し弁当

 仕出し弁当は、お弁当を届けてくれるサービスになります。
その特性上、デリバリーと混同されている事も多いです。
お弁当やピザなどのデリバリーを依頼している方も少なくありません。
確かにどちらも届けるサービスではありますが、両者は色々な違いがあります。
利便性を考慮しますと、仕出し弁当の方がおすすめという声も多いです。
その理由の1つは、注文や配達の時間帯です。
そもそもデリバリーというサービスの場合は、どうしても営業時間を意識しなければなりません。
深夜の時間帯に届けてもらうのは、少々難しい事も多いです。
例えばデリバリーの時間帯が午前から21時の業者の場合、22時以降などに届けてもらう事はできません。
あくまでもその時間帯に注文しないと、届けてもらう事はできませんから、少々不便という声もあります。

 ですが仕出し弁当というサービスの場合は、もう少し幅広い時間帯で対応してくれるケースも多いです。
事前に予約だけは取る必要がありますが、デリバリーよりは時間帯は幅広いです。
仕出し弁当というサービスは、冠婚葬祭などで活用される事もよくあります。
葬式が行われますと、たいてい料理が用意されています。
その料理も、仕出し弁当というサービスで注文されている訳です。
冠婚葬祭などのイベントは、時間帯が少々変則的になる事もあります。
昼間の時間帯ではなく、あえて夜にイベントが行われる事もあります。
仕出し弁当というサービスなら、若干変則的な時間帯でも配達してもらえる訳です。
デリバリーというサービスでは、それは少々困難です。
時間帯の利便性は比較的優れているだけに、仕出し弁当というサービスが活用される事も多いです。

 ところでデリバリーというサービスの場合は、容器は処分しなければなりません。
例えばお弁当をデリバリーしてもらった時は、その容器は自分達で処分する必要があります。
デリバリーの業者が回収してくれる訳ではありませんから、注意が必要です。
ところが仕出し弁当というサービスの場合は、容器を回収してくれます。
わざわざ自分達で廃棄処分する必要はありません。
ある意味、出前というサービスに似ています。
ラーメンなどを出前で注文している方も多いですが、その丼は飲食店の専門業者が回収に来てくれる訳です。
ラーメンを食べた後は、玄関先などに出しておけば問題ありません。
仕出し弁当というサービスも、専門業者が取りに来てくれる訳です。
処分する手間を省けるのも、仕出し弁当というサービスのメリットの1つです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP