特集!マンション経営ノウハウ集~大阪~

大阪でマンション経営を成功させるコツ

TOP > マンション経営情報~大阪編~ > 大阪でマンション経営を成功させるコツ

大阪でマンション経営を成功させるコツ

大阪は人口も多く、マンション経営をするには比較的向いている地域だと言えます。
しかしそれでも、赤字を出さないためにはいくつかの工夫が求められます。
初心者のうちは、駅から近い場所にあるマンションを購入して運用するように気をつけましょう。
駅から遠いと、それだけでかなり入居者を見つけにくくなるからです。
また、入居者が見つかっても高い家賃を取れない可能性も出てきます。
駅から近い物件のことを「駅チカ物件」と呼んだりもしますが、駅チカ物件なら不動産サイトなどでも検索してもらいやすくなりますし、多少築年数が深くても多くの入居希望者がやってきます。
失敗を回避したいなら、できるだけ駅に近く、利便性の高い物件を選び出すのが得策です。
駅に近い物件が見つからなければ、バス停に近い物件を探してもいいかもしれません。
こちらも駅チカ物件ほどではありませんが、同様の傾向が見られるからです。


大阪は東京などに次いで外国人が多い地域ですから、外国人にターゲットを絞っても成功しやすいかもしれません。
英語や中国語が苦手なら、いっそマンション経営代行業者を使ってみるのもいいでしょう。
大手なら外国語が得意なスタッフもいます。
その人に入居説明等を任せておけば、外国人入居者といっても特別困ることはなくなります。
もちろん日本人とは違いますから、しっかりとした審査は必要になりますが、これからは今以上に外国人の数も増えていきます。
新規ターゲット層としては無視することができません。
今のうちから取り込みを考えておくのが、賢い経営者だと言えそうです。
また、女性をターゲットにしたり、ファミリー層をターゲットにするのも悪い方法ではありません。
ペットが飼えることを売りにしてもいいでしょう。


ターゲットを明確にすると、それだけ入居者も集めやすくなります。
マンション経営の最大の敵は空室ですから、ターゲットを明確にして空室を出さないようにする工夫は必須です。
高級マンションの一室を購入して、セレブ向けに特化するのも一つの方法です。
最近はリノベーションをして成功しているマンション経営者も多いです。
リノベーションというのは、マンションの外観や機能といった根本的なところからリフォームをし、建物を新しく生まれ変わらせることを言います。
古い建物でもリノベーションをすると一気に入居希望者が殺到することがあり、一発逆転の方法として注目されています。
マンションを建て替えるよりはコストが圧倒的に安く済み、それでいてマンションを建て替えたのと同じような効果が期待できるため、古い物件を取得したなら、この方法も考えてみる必要があるでしょう。

次の記事へ

MENU